2018年ゴールデンウィークの旅行動向について

Home » 媒体 » 財経新聞社 » 2018年ゴールデンウィークの旅行動向について
財経新聞社 コメントはまだありません



2018年ゴールデンウィークの旅行動向について

プレスリリース発表元企業:株式会社 日本旅行

まだ間に合う! 海外旅行は臨時便、チャーター便が狙い目!!

(株)日本旅行(本社:東京都中央区、社長:堀坂明弘)は、ゴールデンウィーク(GW)(国内:4月26日~5月6日宿泊、海外:4月24日~5月6日出発)の予約状況から、人気の方面や旅行動向を下記のとおりまとめました。

【 国内旅行 】
◆人気ランキング1(前年比較)
 1位:関西(城崎、白浜等)
 2位:首都圏
 3位:関東(栃木等)
◆人気ランキング2(直近1ヶ月の伸び率)
 1位:関東(栃木等)
 2位:北陸
 3位:信越

・5連休だった昨年と異なり、3連休(4月)+4連休(5月)となる今年は、特に近場エリアが人気です。
・1位の関西は、耐震改修工事完了でリニューアルした施設が多い南紀白浜(和歌山県)や、城崎温泉(兵庫県)等が人気です。現在、南紀白浜のアドベンチャーワールドにはパンダが5頭いて、入場制限なく見学することができます。
・2位の首都圏は、東京ディズニーリゾートR35周年、都内の新たな商業施設開業や上野のパンダ人気等が反映されていると思われます。
・3位の関東は栃木が好調。4~6月は、JR6社が地元観光関係者や自治体、旅行会社と協力して展開する大型観光キャンペーン:栃木ディスティネーションキャンペーン(栃木DC)が開催中です。間際の申込みも多く、直近1ヶ月の伸び率で1位となっています。

◆まだ間に合う!商品の一例
以下の商品は、出発日(宿泊日)によっては空きがあります。
お問合せ、お申込みはお早めに!
・赤い風船「栃木を満喫!」
・赤い風船「まだまだ間に合う!GWの旅」

[画像1: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-122139-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-364445-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-549303-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-896818-2.jpg ]

【 海外旅行 】
◆人気ランキング1(旅行者数)
1位:台湾)
2位:韓国
3位:タイ
4位:香港
5位:イタリア
◆人気ランキング2(前年比較)
1位:米国本土
2位:オーストラリア
3位:香港
4位:韓国
5位:タイ

・国内同様、近場エリアが人気で、旅行者数で見ると1位から4位までアジア方面が占めています。台湾はここ数年変わらずの人気で、人気回復の韓国が2位となりました。
・前年比較では、米国本土と韓国が回復し1位、4位と、大きく伸ばしました。
前年比較2位のオーストラリアは当社が注力する方面のひとつで、商品の数・質とも充実した結果、前年から大きく伸ばしました。GW以外でも商品が充実しています。
・出発日を見ると、5/3がピークですが、うち7割以上がアジア方面です。ヨーロッパ方面は4/28~30にかけてピークが続きます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-262317-11.jpg ]

◆まだ間に合う!商品の一例
現時点、チャーター便、臨時便に若干の空きがあります。お問合せ、お申込みはお早めに!
1.5/2出発 キャセイパシフィック航空臨時便で行く香港4日
2.5/2出発 大韓航空チャーター直行便で行くグアム5日
3.5/3出発 キャセイパシフィック航空臨時便で行く香港4日
4.5/3出発 チャイナエアライン臨時便で行く台北4日
※1.のみ中部発で、2.~4.は関空発です。

[画像6: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-273258-7.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-169246-8.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-569409-9.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/4858/422/resize/d4858-422-585220-10.jpg ]

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク





コメントを残す