新プロモーションテーマをハワイ・ポリネシア文化を全身で体験する“カルチャー・ダイビング”に決定!

Home » 媒体 » @Press » 新プロモーションテーマをハワイ・ポリネシア文化を全身で体験する“カルチャー・ダイビング”に決定!
@Press コメントはまだありません



ポリネシア・カルチャー・センター(所在地:ハワイ州ライエ、代表者名:アルフレッド・グレース)は、2018年の日本人観光客誘致施策の一環として、ハワイ・ポリネシア文化を全身で体験することにスポットをあてた「カルチャー・ダイビング」を新プロモーションテーマに掲げ、2018年、年間を通して様々なコンテンツやキャンペーンを展開してまいります。

メインビジュアル

■ポリネシア・カルチャー・センター オフィシャルサイト

http://polynesia.jp/

■カルチャー・ダイビング スペシャルサイト

http://polynesia.jp/culturediving

【新テーマ発表記念:早期予約割引キャンペーン】

リリースを記念し、ポリネシア・カルチャー・センターオフィシャルサイトにて早期予約割引キャンペーンを実施いたします。ご来園日の10日前に当サイトよりご予約いただいた場合、通常価格の10%割引でご利用いただけます。

詳しくは、ポリネシア・カルチャー・センターオフィシャルサイトパッケージ( http://polynesia.jp/package/package/ )に掲載。

【ポリネシア・カルチャー・センターとは】

ハワイ州ライエに位置するポリネシア・カルチャー・センターは、50年以上にわたり、ポリネシアの6つの島々である、ハワイ、アオテアロア(マオリ)、トンガ、サモア、フィジー、そしてタヒチの歴史や文化の違い、その力強くも寛容な精神を、東京ドーム3つ分の広大な敷地の中で楽しみながら学び、体験することができる唯一のポリネシア文化体験施設です。

【ポリネシア・カルチャー・センターが提案するカルチャー・ダイビングとは】

歴史や文化を学ぶ事が勉強のような難しい事ではなく、スキューバーやトレッキングのように、ハワイの新しいアクティビティ(楽しみ方)と捉え、ハワイを含むポリネシア文化の奥深くに思いっきり飛び込み(ダイビングする)、「そこに広がる未知の歴史や文化を全身で体感していただきたい!そして、その体験から、ハワイをより好きになってもらいたい!」との思いから生まれたテーマです。

【今後の具体的な取り組み】

<1>ポリネシア・カルチャー・センターやポリネシア文化を疑似体験いただくための、カルチャーダイビングスペシャルサイトの公開。

ティザーサイト: http://polynesia.jp/culturediving (本番サイトは2018年4月末を予定)

<2>ポリネシア・カルチャー・センターの魅力をユーザーと一緒に宣伝いただくためのアンバサダープログラムを始動。

宣伝協力に応じて様々な特典を獲得する事ができます。

第一弾特典:10組20名様にポリネシア・カルチャー・センターの無料招待券プレゼント

公開時期:2018年4月末を予定

<3>2018年GW期間中に開催されるハワイフェスティバル(会場:ヴィーナスフォート)にて、ポリネシア・カルチャー・センターで大人気のダンスショー「HA:ブレス・オブ・ライフ」の日本初となるショート版公演、及びイベント来場キャンペーンの開催。

イベント期間:2018年5月3日~5日

※各取り組みの詳細は、随時オフィシャルサイトにて公開してまいります。

【ポリネシア・カルチャー・センター PRコメント】

ポリネシア・カルチャー・センターは、まるで、あなたを迎える祝宴のよう。

誇り高きポリネシア文化が、そこで鮮やかに咲いています。

眼前に迫る、情熱の踊り。

伝統料理を深く味わい、共に奏で、共に歌う。

そこは、千年の島の歓喜に全身で飛び込む場所。

リゾート地だったあなたのハワイは、

帰るときには、きっと偉大な友の暮らす島です。

今年のお休みは、アロハの原点、

ポリネシア・カルチャー・センターへ。

ポリネシア・カルチャー・センターでは、今後もポリネシア文化を楽しく学べるコンテンツの充実やキャンペーンの魅力向上を図ることで、ハワイを含むポリネシア文化の継承に努めてまいります。

<ポリネシア・カルチャー・センター概要>

施設名 :ポリネシア・カルチャー・センター

設立  :1963年10月12日

住所  :55-370 Kamehameha Hwy, Laie, HI 96762 アメリカ合衆国

開園日時:月~土 11:45 – 21:00

休園日 :日曜・感謝祭(11月の第4木曜日)・クリスマス(12月25日)

オフィシャルサイト: http://polynesia.jp





コメントを残す