3月21日には「世界ダウン症の日」!成人期のダウン症のある人たちの生活をより豊かにすることを応援できるチャリティーアイテムを2月19日(月)から1週間限定販売

Home » 媒体 » ValuePress! » 3月21日には「世界ダウン症の日」!成人期のダウン症のある人たちの生活をより豊かにすることを応援できるチャリティーアイテムを2月19日(月)から1週間限定販売
ValuePress! コメントはまだありません



 京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)は、ダウン症のある人たちとその家族、支援者で作られている会員組織・公益財団法人日本ダウン症協会(東京)と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、2月19日(月)から2月25日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

< 本リリースのポイント >

1)ファッションアイテムとして「街で着られる」をコンセプトにデザインを製作しています。デザインのテーマは「ダウン症だからこそ、見える世界」。ダウン症の特徴である「21トリソミー(21番染色体が通常より1本多い3本ある状態)を表現しました。

2)アイテムの販売期間を1週間限定販売とすることで、通常応援している人だけでなく、気軽に応援したい人が参加しやすいキャンペーンとしています。

3)購入ごとの700円/枚のチャリティーは、医療や福祉、保育や教育、就労の分野から成人期のダウン症のある人たちの実態を研究し「新しいダウン症像」を考えていくために2017年開催した日本ダウン症会議で発足した「成人期ダウン症研究会」の活動資金、また成人期の方がモデルとなった2018年世界ダウン症の日啓発ポスターの制作費になります。1週間のチャリティーで20万円を集めることが目標。

(“What I bring to my community”、「いるだけで伝わることがある〜どんな街にも あなたのそばにも〜」。今年の「世界ダウン症の日」の標語と共に、23の家を描いたデザイン。それぞれ2つの窓が描かれているが、一つだけ窓にプラスして一つのドアが。「ダウン症があるからこそ、見える世界がある」というメッセージと、「あなたの街にも、あなたのそばにもいるんだよ」というメッセージを表現)

■チャリティー・アイテム販売の概要

 販売期間:2018年2月19日(月)0時〜2月25日(日)24時までの1週間限定

 販売価格:Tシャツ 3,400円など(税・700円の寄付込、送料別)

 購  入:JAMMIN ECサイト: https://jammin.co.jp より購入可能(販売開始時間に切り替わります)

■公益財団法人日本ダウン症協会について

 ダウン症のある人たちとその家族、支援者でつくられた会員組織。相談活動と会報発行等を軸に、ダウン症に関わる様々な活動を行っている。また、マスコミをはじめ様々な立場の人からの相談、質問、依頼、要望に応え、ダウン症のある人たちがいきいきと充実した人生を送れるように活動する公益財団法人。

 成人期以降のダウン症のある人たちの生活をより豊かにするために、医療や福祉、保育や教育、就労の分野からダウン症のある人たちの実態を研究し、「新しいダウン症像」を考えていくために2017年開催した日本ダウン症会議で発足した「成人期ダウン症研究会」の活動資金、成人期の方がモデルとなった2018年世界ダウン症の日啓発ポスターの制作費として20万円を集めることを目標に、JAMMINとコラボレーションし、チャリティーアイテムを製作しました。

■チャリティー専門ファッションブランドJAMMIN(ジャミン)について

 JAMMINは、京都発のチャリティー専門ファッションブランド。「社会が良くなってほしい」との願いが込められたデザイン。「どう使われるか」が明確なNGO/NPOへのチャリティーなど「こだわり」を通じて、あなたがファッションを楽しみながら、新しい世界と出会い、応援するきっかけを提供しています。

 2014年4月のブランド・スタートから累計で1,800万円以上をチャリティー。今も、毎週新作デザインを欠かさずリリースし続けています。JAMMINの語源は、自由に、楽しく、誰もが参加出来る「JAM SESSION」。私たちと一緒に“新しいチャリティー”という音楽を奏でて欲しいとの想いを込めています。





コメントを残す