シェアウィズ:ドローンを活用するスタートアップのミートアップイベント「ドローンの未来と起業」を2月21日に開催-ドローン新分野、日本郵便とベンチャーの実験も紹介

Home » 媒体 » ValuePress! » シェアウィズ:ドローンを活用するスタートアップのミートアップイベント「ドローンの未来と起業」を2月21日に開催-ドローン新分野、日本郵便とベンチャーの実験も紹介
ValuePress! コメントはまだありません



株式会社シェアウィズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 辻川友紀、以下シェアウィズ)は、2018年2月21日に、同社が提供するオンラインサロン講座の講師であるMasaaki Hatano氏のドローンを活用した新事業をテーマにした「ドローンの未来と起業」ミートアップイベントをTokyo創業ステーションの施設Startup Hub Tokyoで開催します。本イベントでは、株式会社Drone Future Aviation(以下DFA)を起業し、2017年11月に日本郵便株式会社の配送実験事業の採択を受けたMasaaki Hatano氏、日本郵便「POSTAL LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の担当である上田 貴之氏、そしてDFAのパイロットスクールの国内インストラクター責任者の舟迫 洋平氏をお招きし、トークショーとパネルディスカッションを開催します。

株式会社シェアウィズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 辻川友紀、以下シェアウィズ)は、2018年2月21日に、同社が提供するオンラインサロン講座の講師であるMasaaki Hatano氏のドローンを活用した新事業をテーマにした「ドローンの未来と起業」ミートアップイベントをTokyo創業ステーションの施設Startup Hub Tokyoで開催します。

画像の説明文(編集してください)

ドローンは、一部の技術愛好家のみが注目するフェーズが終わり、LOGITECHと呼ばれる配送・物流分野への活用、また、建築、人命救助などへの応用が進んでいます。

Masaaki Hatano氏は、世界最大級のドローンを扱うノルウェーのドローンベンチャーGriff Aviationのアジア提携企業として、株式会社Drone Future Aviation(以下DFA)を起業し、2017年11月に日本郵便株式会社の配送実験事業「POSTAL LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の採択を受け、日本郵便とのドローンを活用した配送の実証実験を行っています。本イベントでは、Masaaki Hatano氏、日本郵便「POSTAL LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の担当である上田 貴之氏、そしてDFAのパイロットスクールの国内インストラクター責任者の舟迫 洋平氏をお招きし、トークショーとパネルディスカッションを開催します。

【イベントの詳細】

日時:      2018年2月21日(水) 19:00〜20:15 ※交流会 20:15〜20:45

料金:      1,000円

定員:      50名

会場:      TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo

東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル

主催者:   株式会社シェアウィズ

【こんな方におすすめ】

・話題のドローンについて知りたい方

・ドローンの特徴や今後求められる新市場を知り、起業に生かしたい方

・これからのドローンのLOGITECH利用の最前線の実証実験について知りたい方

・ユニークなドローンとその事業モデルから、これからのドローンや新しい移動体を活用した事業の可能性について知りたい方

・世界最大級のドローンのノルウェーベンチャーのアジア事業や日本郵便の実証実験に興味のある方

【当日のプログラム】

■第1部: ドローンと起業、ドローンの未来

19:00〜19:15 :ドローンの起業

Masaaki Hatano 氏(株式会社Drone Future Aviation 代表取締役CEO)

いまドローン技術を使ったイノベーションの現場で何が起きているのか?

19:15〜19:30 :ドローンと日本の新しい配送モデル

上田 貴之 氏(日本郵便株式会社、郵便・物流事業企画部課長)

POSTAL LOGITECH INNOVATION PROGRAMについて、テクノロジーを活かした新しい郵便・物流の仕組みに期待すること

19:30〜19:45 :ドローンの特徴、飛行デモ 

舟迫 洋平氏(ピーエイチ・プラス株式会社 代表取締役)

ドローンの特徴紹介、ドローンの飛行デモ

■第2部: ドローンと未来について、パネルトークセッション

19:55〜20:15 :ドローンと起業、ドローンを生かした物流、ライフスタイルの変容

・Masaaki Hatano 氏

・上田 貴之 氏

・舟迫 洋平 氏

(モデレーター シェアウィズ 高橋 淳 氏)

トークセッション / 会場からの質問

20:15〜20:45 :フリータイム・懇親会

【登壇者】

■Masaaki Hatano 氏:株式会社Drone Future Aviation 代表取締役CEO

インドネシアで生まれ、小学校高学年までオーストラリアで育つ。青山学院大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。卒業後はイギリス資本の「PTSコンサルティング」に就職し、複数の大手金融機関を担当。リーマン・ショックを機に退職、Web・IT系の複数のスタートアップに参加。2011年から2014年は楽天にて海外スタートアップ企業とのアライアンスを担当しながら、自身でもオンライン教育サービスやキャビンアテンダント向けアプリ開発などで起業。2014年から2015年はリクルートホールディングス投資部門にて国内外の教育関連投資も担当した。 自身で立ち上げた会社のEXIT経験も持つ、シリアルアントレプレナー。 

■上田 貴之 氏:日本郵便株式会社 郵便・物流事業企画部 課長

1970年、長崎県東彼杵郡波佐見町生まれ。1991年郵政省九州郵政局に入省。郵政省、 郵政事業庁、日本郵政公社時代には、郵便法人営業に携わり、特にゆうパック営業に注力。2006年、本社法人営業部に配属となり、2007年より日本郵政株式会社へ出向。カタログ販売事業の立ち上げを行い、現在の物販事業のモデルを構築。2012年よりゆうパック事業部にて、代金引換サービスを担当。日通キャピタルとのサービス統合や代金引換OCRシステムの開発・導入に取り組む。2015年からは郵便・物流商品サービス企画部にて、ゆうパックの損益管理を担当。この頃よりドローンや自動運転等に関与し、郵便・物流事業の将来を見据えたテクノロジーによる業務効率化などを推進する。個人でもドローンの操縦資格や無線免許を取得。 

■舟迫 洋平 氏 :ピーエイチ・プラス株式会社 代表取締役

群馬工業高等専門学校 機械工学科を卒業後、千葉大学 工学部画像工学科に編入学、人工衛星(リモートセンシング)に関して研究。 ウェザーニューズにて放送局向けの天気予報CGのプログラムを担当。日産、Yahoo! JAPANを経てドローン空撮素材のマーケットプレイスを立ち上げる。 機械工学から情報工学、 Webマーケティングなどの幅広いフィールドで、「人とシステム」の関わり、本当の心地よさを追求するサービスの開発をテーマに邁進中。 

【お申し込み先URL】

https://share-wis.com/courses/drone-event

【会社概要】

商号 : 株式会社シェアウィズ

代表者: 代表取締役社長CEO 辻川 友紀

所在地: 大阪市中央区南久宝寺町3−2−7 第一住建南久宝寺町ビル402号

設立 : 2012年2月2日

URL : https://share-wis.com

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社シェアウィズ

担当 : 高橋

E-mail: support@share-wis.com





コメントを残す