<RIZAPグループ CSR活動>西東京市立田無小学校にて子供たちへ「夢」をテーマとした食育講座を実施

Home » 媒体 » @Press » <RIZAPグループ CSR活動>西東京市立田無小学校にて子供たちへ「夢」をテーマとした食育講座を実施
@Press コメントはまだありません



RIZAPグループ株式会社(本社・東京都新宿区、代表取締役社長 瀬戸 健)はCSR活動の一貫として、子供たちへ「夢」をテーマとした食育講座を、2017年12月2日(土)に西東京市立田無小学校にて開催いたしました。

食育講座の様子

■子供たちへ自身の「夢」のための食事や体力づくりを伝授

今回の講座は、西東京市立田無小学校からの依頼で実現いたしました。田無小学校では、「よく考え 工夫する子ども」の育成を重点とし「わかって たのしい」授業づくりに取り組んでいます。そしてこの度、RIZAPの子供たちへ対する食事や運動の大切さに関する想いへ共感いただき、「夢」をテーマとした食育講座の実施が実現いたしました。

全校生徒のうち約300名が参加した当講座は、RIZAP株式会社 医療・法人連携ユニット 松崎が登壇し、バランスよく3食食べることの大切さ、身体を動かすことの大切さ、食事への感謝、食事を作ってくれる保護者への感謝などについてお話しし、子供たちへ食べることと運動をすることに興味を持ってもらうことを通じて、自信の「夢」のために健康的な身体を作り上げていくことの大切さを伝えて参りました。ご家族の方も参加し、「モチベーション維持はどうすればよいのか」「子供にとって良い食事と運動のバランスは?」などご質問を頂き、情報交換をおこないました。

■西東京市立田無小学校 本名校長よりコメント

「RIZAP=ボディメイク・ダイエット」でした。しかし、RIZAPの食育講演での中心課題は「将来の夢のために、今できること」でした。今回の講演を見て、RIZAPというイメージが大きく変わりました。

人にとって健康は第一に大切なものです。「では、何のために?」健康だったら長生きできるかもしれませんが、これは結果論でしかありません。

行動を始発させる動機、それは『夢』です。学校は、一人一人の子供に夢をもたせたい、実現させたいと願っています。

▼(右) 田無小学校 本名(ほんな)校長

 (左) RIZAP医療・法人連携ユニット 松崎

https://www.atpress.ne.jp/releases/145591/img_145591_3.jpg

RIZAPグループでは今後も、次世代を担う子供たちが自身の「夢」に向かい、輝く人生を送るための生きる力を育むことを通じた社会貢献活動を継続してまいります。

■会社概要

RIZAPグループ株式会社

https://www.rizapgroup.com/

RIZAPグループは「自己投資産業でグローバルNo.1ブランドとなる。」というビジョンを掲げ、全ての人が、より健康に、より輝く人生を送るための「自己投資産業」を事業ドメインとして、世界中から必要とされ続ける商品・サービスを提供し続けることを使命とし事業を推進。常に自分たちの提供している商品・サービスの価値は何かを突き詰め、これまでにない新しい切り口で「人は変われる。」を証明していきます。

所在地 :〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F

設立日 :2003年4月10日

     (2016年7月1日 健康コーポレーション株式会社より商号変更)

資本金 :14億75万円

代表者 :代表取締役社長 瀬戸 健

事業内容:当社グループの中長期経営戦略の立案・遂行、

     グループ各社の事業戦略実行支援・事業活動の管理





コメントを残す