兵庫県三田市 皿池湿原保全事業を推進~企業版ふるさと納税

Home » 経済 » 兵庫県三田市 皿池湿原保全事業を推進~企業版ふるさと納税
経済, 財経新聞社 コメントはまだありません



兵庫県三田市 皿池湿原保全事業を推進~企業版ふるさと納税

プレスリリース発表元企業:三田市役所 地域戦略室 まちのブランド創造課
皿池湿原地図

兵庫県三田市は、企業版ふるさと納税(※)を活用して企業のみなさまからの寄附を募り、国の認定を受け地域再生計画に位置づけた「皿池湿原保全事業」を積極的に推進していきます。

※企業版ふるさと納税とは、地方公共団体が企画立案した「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に対して企業が寄附を行った場合、企業は現行制度を上回る税負担の軽減効果を享受することができる制度です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143888/LL_img_143888_1.jpg
皿池湿原地図

【事業名】皿池湿原保全事業
●皿池湿原の特徴
皿池湿原は、三田市が誇る生物多様性に富んだ県下でも有数の規模をもつ湧水湿原です。
★「兵庫県版レッドデータブック」において「規模的、質的にすぐれており貴重性の程度が最も高く、全国的価値に相当するもの。」として、Aランクに指定されています。
★国・県などで希少種として指定されている動植物が64種確認されています。
★平成29年7月に市の天然記念物として指定されました。

現在、市民ボランティア「皿池湿原の守り人(もりびと)」を中心として、行政だけでなく、市民、地域、企業、専門家など多様な主体の参加により保全を進めています。今後は、木道や案内板などの整備を行い、環境学習、ツーリズムの場としても積極的に利用を進めていきます。

●企業版ふるさと納税の制度概要
地方自治体が地方版総合戦略に位置づけ、地域再生法に基づく地域再生計画を策定し、国の認定を受けた取組について民間企業が寄附を行った場合、寄附額の3割に相当する額を税額控除する特別措置制度です。現行の損金算入措置による軽減効果(約3割)に加えて、法人住民税、法人事業税、法人税について税額控除の特別措置がなされるので、合わせて寄附額の約6割に相当する額が軽減されます。

◆寄附にあたっての留意事項◆
・1企業における1事業あたりの寄附額の下限額は10万円です。
・自社の本社の所在が三田市である場合は、本税制の対象となりません。
・寄附の代償として経済的な利益を受けることはできません。

●寄附をいただくと…
税制上の優遇措置が受けられる以外に、企業のイメージアップにつながるよう積極的にPRさせていただきます。
1 ホームページをはじめ、市広報媒体でのご紹介
2 皿池湿原保全活動チラシ等への掲載
3 現地に銘板を設置

●申込み手続き等
お問い合わせいただければ、寄附に必要な「寄附申出書」を送付させていただきます。「寄附申出書」は市ホームページからもダウンロードできます。

三田市ホームページ(企業版ふるさと納税)
http://www.city.sanda.lg.jp/citysales/kigyoban_furusatonouzei.html

【三田市について】
兵庫県三田市は、兵庫県南東部に位置し、豊かな自然と美しい街並み、そして安心して子育てできる環境があり、大阪や神戸などの大都市からのアクセスも非常に良いまちです。食をはじめ、歴史や文化、レジャーなど、さまざまな魅力の中でここちよい暮らしが実現するまちで、「子どもに夢を」「高齢者に安心を」「地域に元気を」を目標に「日本一住みたいまち」を目指しています。

ホームページ: http://www.city.sanda.lg.jp/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク





コメントを残す