滋賀県立大学など6大学が12月9日に「6大学連携・COC+中期インターンシップ報告会」を開催

Home » 媒体 » Digital PR Platform » 滋賀県立大学など6大学が12月9日に「6大学連携・COC+中期インターンシップ報告会」を開催
Digital PR Platform コメントはまだありません



文部科学省の「地方創生推進事業(COC+事業)」に取り組む滋賀県内の6大学滋賀県立大学滋賀大学・成安造形大学聖泉大学びわこ学院大学びわこ成蹊スポーツ大学)は12月9日(土)に「6大学連携・COC+中期インターンシップ報告会」を開催。学生らが県内企業で行った15日間以上の中期インターンシップでの体験を振り返り、その中から得られた成果や課題を考えていく。

 滋賀県立大学のCOC+事業では、主な教育プログラム改革の取り組みとして、地元就職率向上のための新規プログラム開発や地元中小企業への定着のための取り組み、中期インターンシップの導入などを行っている。

 このうち中期インターンシップでは、COC+参加大学の学生が滋賀県内の企業で15日間以上の就業体験を実施。本格的な就職活動を始める前の準備として行われ、学生らは企業や仕事により深くかかわり、課題解決なども行う。このインターンシップによって学生らは、多くの学びと気づきのある体験をすることができた。

 このたび、学生と大学と企業間の三者の相互理解を進めていく機会として「6大学連携・COC+中期インターンシップ報告会」を開催。インターンシップ体験を振り返り、その中から得られた成果や課題を考える。概要は下記の通り。

◆「6大学連携・COC+中期インターンシップ報告会」
【日 時】 12月9日(土)13:30~16:30
【場 所】 コラボしが21 3F 中会議室(1)(滋賀県大津市打出浜2-1
【内 容】
(1)就業体験報告発表 (各大学代表学生による発表 5大学9発表)
(2)学生・企業・大学関係者の話し合い (5人ずつ6グループに分かれて行う)
・テーマ1『インターンシップを振り返って』
 「働くとは」「採用と経営」「就職活動と目標」「インターンシップから学んだこと」について
・テーマ2『今後の中期インターンシップの実施に向けて』
 「改善策や希望」について
【参加者】
・各大学代表学生(今年度の夏季休業等の期間にインターンシップに参加した学生 11名)
・関係企業(今年度、COC+中期インターンシップを受け入れた企業 6社)
大学関係者(6大学の中期インターンシップ担当者)

滋賀県立大学COC+事業サイト
 http://cocplus-biwako.net/

▼本件に関する問い合わせ先
滋賀県立大学 地域共生センター COC+推進室
COC+エリアコーディネーター 杉野
住所:滋賀県彦根市八坂町2500
TEL:0749-28-8605
FAX:0749-28-8473
メール:plus@office.usp.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/





コメントを残す