名古屋で連日完売が続く大人気の和菓子店『OHAGI3(おはぎさん)』草叢BOOKS 新守山店のレストランコートに2号店目をOPEN

Home » 媒体 » PR TIMES » 名古屋で連日完売が続く大人気の和菓子店『OHAGI3(おはぎさん)』草叢BOOKS 新守山店のレストランコートに2号店目をOPEN
PR TIMES コメントはまだありません



株式会社TSUTAYA(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼COO:中西 一雄/以下、TSUTAYA)が運営する「草叢BOOKS」新守山店では、名古屋市内で連日完売が続く人気和菓子店『OHAGI3(おはぎさん)』の2号店目を、草叢BOOKS新守山店レストランコート内にOPENいたました。

『OHAGI3(おはぎさん)』2017年5月の1号店をオープン以来、美しい見た目から材料、パッケージに至るまで徹底されたこだわりと、美味しいおはぎをリーズナブルな価格で楽しめることで評判をよび、連日行列のできる和菓子屋さんとして知られています。

「草叢BOOKS」では、地域に暮らす30代、40代のファミリーと60代以上のプレミアエイジのお客様に、“日常(ラフ)と上質(ラグジュアリー)の間”、ラフ”ジュアリ-(日常的上質生活) “をコンセプトとしております。上質だけどかざらない、「ちょっと贅沢な日常」として、本を中心に広がるライフスタイルを提案しており、この度の『OHAGI3』の出店により、さらにショッピングの合間に心ゆくまで、楽しんで頂ける居心地よい時間と空間を提供して参ります。

今後も「草叢BOOKS」では、暮らしを彩る新しいコトとの出会いやCAFEで過ごす豊かな時間、お店で出会う人とのつながりやコミュニティを通して、自分らしい豊かなライフスタイルの提案を目指します。

草叢BOOKS新守山店/草叢BOOKS各務原店 HP:http://kusamura.life/

[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/429/resize/d18760-429-719293-0.jpg ]

『OHAGI3』の店名は、日本で古くから親しまれている伝統の和菓子「おはぎ」を、世界中の人に食べてもらいたいと英語表記で「OHAGI」と命名されました。女性にも食べやすい一口サイズで、防腐剤などの添加物を一切使わず、素材のうまみを活かした、甘さ控えめの味わいが人気です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18760/429/resize/d18760-429-556515-1.jpg ]

1号店では品切れがつづく定番のおはぎ6種類(2個230円税込/偶数単位で販売/写真右)がいずれも購入できるほか、甘味のぜんざいセット(580円/税込)や“お惣菜OHAGI”(近日発売予定)など、イートインでショッピングの合間にゆったりとお楽しみいただけます。

■暁月(あかつき) – 餡おはぎ:粗糖を使い甘さを控えめに丁寧に炊き上げた『定番 Ohagi』

■宵月(よいづき)- 黒ごまおはぎ:擦り、煎り、練りのそれぞれのごまの良さを引出した『香り豊かなOhagi』

■夕月(ゆうづき)- みたらしおはぎ:みたらし餡の塩味と、つぶ餡の甘さが絶妙なバランスな『塩梅Ohagi』

■満月(まんげつ) – 大人のきなこおはぎ:上品な京きなこと黒糖くるみの食感が楽しめる『大人のOhagi』

■新月(しんげつ) – ココナッツおはぎ:無漂白無添加の有機ココナッツを贅沢にまぶした『New Ohagi』

■半月(はんげつ) – 抹茶おはぎ:白餡と赤餡の見事な共演を宇治抹茶が引き立てる『わがままOhagi

OHAGI3 草叢BOOKS 新守山店 http://ohagi3.com/

〒463-0070愛知県名古屋市守山区新守山2830アピタ新守山店2階 草叢BOOKSレストランコート内

電話番号 : 052-758-6560

営業時間 : 月~土/10:00~20:00 日/9:00~20:00

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。





コメントを残す