文教大 情報学部の学生が1年かけてアプリやコンテンツを開発 ―最新の情報システム技術を使用したコンテンツ発表会―

Home » ビジネス全般 » 文教大 情報学部の学生が1年かけてアプリやコンテンツを開発 ―最新の情報システム技術を使用したコンテンツ発表会―
ビジネス全般, 財経新聞社 コメントはまだありません



文教大 情報学部の学生が1年かけてアプリやコンテンツを開発 ―最新の情報システム技術を使用したコンテンツ発表会―

プレスリリース発表元企業:文教大学

文教大学情報学部(神奈川県茅ヶ崎市;学長 近藤研至)では、12月16日(土)に湘南キャンパスにおいて、情報システム学科の学生による「プロジェクト演習発表会」を開催します。入場無料で、一般の方も参加できます。

本学情報学部情報システム学科では、所属する2〜3年生全員が、「プロジェクト演習」という、課題解決型の授業を受講します。この授業では、情報システムを活用した社会の問題解決のためのテーマを学生が自主的に設定し、5〜6人で1チームとなって、約1年を通して計画的にプロジェクトを進捗するものです。これまでこの授業で制作されるコンテンツの中には、「東京ゲームショウ」などのイベントに出展された作品もあります。

「 プロジェクト演習発表会」では、学生グループが開発したデジタルコンテンツ等の成果物を各教室で発表し、来場者によるアンケートで優秀プロジェクトが選出されます。今年度 は、計35チームが最先端のコンテンツ開発や社会課題のための情報システム開発を目指して、各チームが企画立案し、音声・音楽×ドローンや、触感型インタフェースの利用、日本文化・観光・教育・育児をテーマとしたVRコンテンツ開発、AIとして話題の画像認識技術を利用したシステム、学校現場での教科横断型教育のためのシステムの開発に取り組んできました。

詳細は以下のとおりです。

◆——————————————————————–◆
文教大学情報学部情報システム学科主催
「プロジェクト演習発表会」
【日時】 平成29年12月16日(土)10:30~14:30
【会場】 文教大学湘南キャンパス 3号館・7号館
      神奈川県茅ヶ崎市行谷1100
【入場】 無料
【受付】 4号館 1階(バスロータリーから降りてきて直進した塔の下)
【総合部門賞審査のお願い】ご参加の皆様には、総合部門賞の審査をお願いいたします。受付で投票券をお渡ししますので、最も優れていると思われているチームを選んで投票を行ってください。
各チームのプロジェクトについては、以下の特設ページよりご覧いただけます。

■プロジェクト演習発表会特設ページ
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/proen/about/abstract2017

▼本件に関する問い合わせ先
文教大学学園経営企画局経営企画課広報担当
住所:東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-7511
FAX:03-3783-6109
メール:wcntct@bunkyo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

スポンサードリンク





コメントを残す