Power Integrations の力率改善 IC HiperPFS-4は、最大 550 W までのPFC 設計において電源効率 98% を実現

Home » 媒体 » ビジネスワイヤ » Power Integrations の力率改善 IC HiperPFS-4は、最大 550 W までのPFC 設計において電源効率 98% を実現
ビジネスワイヤ コメントはまだありません



カリフォルニア州サンノゼ発–()–(ビジネスワイヤ) — 高耐圧電力変換用 IC で業界をリードする Power Integrations (Nasdaq: POWI) は本日、力率改善 (PFC) 用 IC の HiperPFSTM-4 ファミリーを発表しました。新しいデバイス ファミリーは、最大負荷時、軽負荷時それぞれの条件で優れた効率と力率性能を発揮するアプリケーション向けに設計されています。HiperPFS-4 デバイスは、305 VAC 入力に適した 600 V 耐圧 MOSFET および高効率、可変周波数 CCM PFC コントローラを、単一で小型の、電気的に絶縁されたヒートシンク取り付け可能なパッケージに搭載しています。この IC ファミリーは幅広い出力負荷範囲にわたって高力率、低 THD、および一様に高い効率を実現し、OEM は要求の厳しい 80 PLUS® Platinum および Titanium 電源基準を満たすことができます。

HiperPFS-4 IC は、定格負荷 20% においても 0.95 を超える高力率と低い THD を達成します。またデバイスは、主要な娯楽設備プロバイダの厳格なサージ要件にも適合します。たとえば、電圧の上昇およびサージに対する市場での信頼性と堅牢性を保証するための 1 秒 410 VAC 入力テストにも合格しています。

新しい HiperPFS-4 IC は、300 W までの密閉された設計、400 W までのオープン フレーム電源、550 W までの高入力電圧アプリケーションに適しています。保護機能には、低電圧検出 (UVLO)、低電圧保護 (UV)、過電圧保護 (OV)、過熱保護 (OTP)、起動/停止、サイクル・バイ・サイクル・カレント・リミット、および電力制限があります。HiperPFS-4 IC の消費電力は、無負荷時の出力規制状態では 230 VAC で 60 mW 未満、スリープ モードでは 20 mW です。

Power Integrations のプロダクト マーケティング マネージャである Edward Ong は、次のように述べています。「HiperPFS-4製品ファミリーは、エネルギー効率と力率がきわめて高く、また幅広い負荷範囲で低 THD を実現します。独自の周波数スライド制御技術により、HiperPFS-4 設計は超軽負荷まで高い効率を維持することができます。これは、10% の負荷効率測定を含む EU CoC 要件を満たす場合に重要です。600 V 耐圧パワー MOSFET と洗練された保護機能を備えた IC ファミリーは、入力電圧変動の激しい地域での使用で最適です。HiperPFS-4 デバイスは、305 VAC 入力での十分なマージンを備えており、データ センターおよび商用 LED 照明のための安全な PFC 動作を実現します。その他のアプリケーションとしては、PFC 仕様に対する要件が厳しさを増している冷蔵庫や、コードレス機器の充電器、電動自転車用の充電器などがあります。」

高入力電圧および低入力電圧のアプリケーションで利用可能な HiperPFS-4 IC は、ヒートシンク マウントを簡素化する熱効率の高い eSIP パッケージに活用できます。デバイスの 10,000 個ロット時の単価は 1.46 米ドルです。www.power.com/products/hiperpfs-4/ を参照してください。

Power Integrations について

Power Integrations, Inc. は、高耐圧電力変換用半導体技術の革新的企業です。Power Integrations の製品は、クリーン電源エコシステムに欠かせない要素になっており、再生可能エネルギーの生成を可能にするとともに、ミリワットからメガワットに及ぶ用途で効率的な電力伝送と消費を実現します。詳細は、www.power.com をご覧ください。

Power Integrations、Hiper-PFS、及び Power Integrations ロゴは、Power Integrations, Inc. の商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。





コメントを残す