ゼリウムが中国崑山工場からフォーミングファブリックを初出荷

Home » 媒体 » ビジネスワイヤ » ゼリウムが中国崑山工場からフォーミングファブリックを初出荷
ビジネスワイヤ コメントはまだありません



米ノースカロライナ州ヤングスビル–()–(ビジネスワイヤ) — 工業用消耗品とサービスの世界的大手プロバイダーであるゼリウム・テクノロジーズ(NYSE:XRM)は本日、中国崑山にある当社の抄紙用具工場から先日、フォーミングファブリックを初出荷したと発表しました。

ゼリウム・アジアのボブ・バーク社長は、次のように述べています。「ここ中国や広くはアジア太平洋市場のお客さまのために世界クラスのフォーミングファブリックを生産できるようになったことにとても感激しています。崑山のチーム全体のことを非常に誇りに思っています。その献身と勤勉な仕事ぶりは、ゼリウムが新しい崑山工場をアジア太平洋地域向けプレスフェルト生産施設にすることに加えて、地元のフォーミングファブリック生産者にする道を開くことに貢献しました。ドイツのゼリウム・チームからの技術移転プロセスは極めて良好に運んだため、新しく発表した高性能TransFormTMポートフォリオを生産するのを楽しみにしています。」

ゼリウムの崑山工場は、世界最大で最も急成長している抄紙地帯の中心地である中国の長江抄紙地域の中心部に位置しています。同工場は、最初はプレスフェルト生産によって、そして現在は中国およびアジアの他地域のお客さまとの緊密な提携によって、ゼリウムの競争力を大幅に高めてきました。

抄紙機のフォーミングファブリックは、数台の機械の上の連続ベルトまたは複数ベルトで、様々なグレードの繊維製品が作られる特別加工合成メッシュでできています。フォーミングファブリックは本質的に、繊維を水から分離するハイテクフィルター媒体の役目を果たします。高度な加工が施された組織柄と最新の多層フォーミングファブリックは、磨耗に対する耐性、制御された排水速度、繊維の保持、製造される板紙・ティッシュペーパー・紙の全体的な品質など、機械上で動作している時の機械的安定性に対する厳格な要件を満たすように特別に設計されています。フォーミングファブリックの細かな違いによって、機械が効果的に稼動するか、性能が悪いせいでダウンタイムが発生するかの差が出ます。

ゼリウムのハロルド・べビス社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは今回、崑山工場を拡張して業界をリードするフォーミングファブリック技術製品を生産することになり、新たに重要な出来事として祝うことができ、うれしく思います。当社には、世界で最新の製品設計、最高の材料、最新の製造プロセスを利用して工場を統率する強力なリーン・シックスシグマ認定チームがいます。2015年の崑山工場開設時、お客さまは高価値プレスフェルトの新たな地元供給源としてこの工場を心から歓迎してくれました。今ではこの同じ施設で最新のフォーミングファブリック技術製品を提供できるため、ゼリウムは最新の抄紙用具製品を世界最大級の機械に地元で提供できる体制になりました。」

ゼリウム・テクノロジーズについて

ゼリウム・テクノロジーズ(XRM)は、主に容器用板紙、ティッシュペーパー、消費者包装、パルプ、紙の製造に使用される消耗品の世界的大手メーカー、サプライヤーです。さらに、不織布メーカー、建築製品メーカー、およびその他の専門産業部門にサービスを提供しています。当社の製品、抄紙用具、ロールカバーは機械に設置され、原材料が完成品に形を変える製造プロセスにおいて重要な役割を果たします。当社は特許取得済み専有製品と製造技術の幅広いポートフォリオと豊富な業界経験を駆使して、機器の性能を最適化し、運用コストを削減するように設計されたカスタマイズソリューションをお客さまに提供しています。XRMは世界63カ国のお客さまに販売しているグローバル企業で、13カ国28カ所の製造施設に約2,950人の従業員を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





コメントを残す