グラッシ&カンパニー、規制対策コンプライアンス・アドバイザーのCOMPASSと提携し、ゲーリー・スウィマンとラリー・ワグナーを迎える

Home » 媒体 » ビジネスワイヤ » グラッシ&カンパニー、規制対策コンプライアンス・アドバイザーのCOMPASSと提携し、ゲーリー・スウィマンとラリー・ワグナーを迎える
ビジネスワイヤ コメントはまだありません



ニューヨーク–()–(ビジネスワイヤ) — グラッシ&カンパニーは、コンプライアンス・規制対策コンサルティング分野への投資を続けており、ゲーリー・スウィマン社長とマネジングディレクターのラリー・ワグナーが率いる規制対策コンプライアンス・アドバイザーのCOMPASSと提携したことを発表します。業務はグラッシ&カンパニーのマンハッタン・オフィスから行います。

グラッシ&カンパニーに参加するまで、スウィマンは、大手のブローカーディーラーや大手国際資産運用会社で最高コンプライアンス責任者(CCO)および規制対策の要職を務めました。また、上位30社に入る2社の会計事務所でパートナーおよび規制対策コンプライアンス・サービス責任者を務めました。スウィマンは25年以上の経験を有し、ヘッジファンド、プライベートエクイティ・ファンド、登録投資顧問会社、投資銀行、ブローカーディーラー向けにコンプライアンス・プログラムを実施してきました。スウィマンは、発展する規制要件に対処できるよう金融業界の顧客を支援し、高度な執行案件について顧客、法律事務所、規制当局と密接に協力しています。公認会計士の資格を有するスウィマンは、フォーダム・ロースクールを優秀な成績で卒業し、法学博士号を取得しています。また、スウィマンは、公認マネーロンダリング対策スペシャリスト(CAMS)、法廷会計士(CFF)、公認不正検査士(CFE)の資格を有しています。

ラリー・ワグナーは経験豊富な幹部社員であり、中小企業から大企業、資本市場、投資銀行、ヘッジファンド、プライベートエクティ、オルタナティブ資産運用の業界で、30年以上に及び成果を上げてきました。経験豊かな最高財務責任者(CFO)として、ワグナーは民間組織や多国籍公共団体に長く勤務し、金融に関する独自の視点を有しています。

ワグナーは、ノムラ・ホールディング・アメリカ(投資銀行、プライベートエクティ、資産運用会社)でCFOを務め、INGフィナンシャル・サービシズでCFOを務めました。ワグナーは、ニューヨーク州立大学オルバニー校で会計学の学士号を取得しています。また、公認会計士(CPA)および公認マネーロンダリング対策スペシャリスト(CAMS)の資格を有しています。

グラッシ&カンパニーでマネジングパートナー兼最高経営責任者(CEO)を務めるルイス・C・グラッシは次のように述べています。「規制対策とコンプライアンスがますます金融サービス業界に重点を置くようになる中で、今回、定評あるコンプライアンス・規制対策業務をグラッシ&カンパニーに迎え、このような付加価値のあるサービスをお客さまに提供できることをうれしく思っています。スウィマンとワグナーのアプローチは独特で、それぞれのお客さまの業界とビジネスモデルに合わせて、実際的な対象案件の専門知識を提供します。このアプローチにより、お客さまのビジネス・イニシアチブを中断することなく、公正な価格でお客さまの規制上の目標を達成することができます。」

両専門家は、ウォール・ストリート・ジャーナルやフィナンシャル・タイムズなどの刊行物で専門家として広く紹介されています。

このチームは、特に金融機関では、ブローカーディーラー、銀行、投資顧問会社、投資会社にサービスを提供しています。チームは、金融機関に規制対策およびコンプライアンス案件についてアドバイスを行い、コンプライアンスのベストプラクティス、コンプライアンス・プログラム開発、方針と手順の改定、フォレンジック検査・監視、現場トレーニング、ガバナンス・プロセスと報告、投資会社規制、銀行規制、ブローカーディーラー・投資顧問業登録、マネーロンダリング防止方針・手順・執行改善、執行法律サポートを行っています。チームは、調停交渉を成功させ、証券取引委員会(SEC)や金融取引業規制機構(FINRA)および他の連邦・州規制当局が行った行政検査の流れを変えました。

グラッシ&カンパニーについて:グラッシ&カンパニーは米国第70位の大企業であり、会計、監査、税務、技術、ビジネス・コンサルティングなどのサービスを専門とするトップの専門的サービス組織です。グラッシ&カンパニーはマンハッタン、ロングアイランド、ニューヨーク州ロックランド郡にオフィスを構え、ムーア・スティーブンス・インターナショナルとの提携を介して国際的に業務を行っています。グラッシ&カンパニーは、非営利組織、建設土木、金融サービス、ライフサイエンス、製造・販売、小売り、技術、メディア・通信、輸送、エネルギー・天然資源、ヘルスケアなどの業界向け専門的サービスの提供を専門的に行っています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





コメントを残す