情報システム分野におけるNTTデータと三菱重工との提携について

Home » 媒体 » JCN Newswire » 情報システム分野におけるNTTデータと三菱重工との提携について
JCN Newswire, エネルギー コメントはまだありません



TOKYO, Mar, 31 2017 – (JCN Newswire) – 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 岩本 敏男、以下NTTデータ)と三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長 宮永 俊一、以下三菱重工)は、三菱重工の完全子会社であるMHI情報システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 烏田 修之、以下MHIIS)の機能・組織強化の方向性について合意が得られたことから、「MHIISを母体とした新会社の設立」に関する基本合意書を締結し、詳細検討に着手しました。

NTTデータは、新中期経営戦略「NTT DATA:ASCEND」をキーワードに、ITを活用した変革を目指すお客様のITパートナー・事業パートナーとして、Global 2nd Stageへとさらなる成長を目指しています。今後、三菱重工との長期的なパートナーシップを確立することで、ITサービス高度化を始めとし、デジタル化・グローバル化においても貢献していきたいと考えています。

一方、三菱重工は、製造業のデジタル化・グローバル化が加速する中で、ネットワークサービスやシステムインテグレーション事業において豊富な実績を持つNTTデータの技術力・組織力を活用し、三菱重工グループのITインフラ構築・運用・保守や業務系アプリケーション開発などのITサービス高度化・グローバル対応力強化をより速く効率的に進めて行きたいと考えています。

両社は今後、2017年10月1日の新会社設立を目指し、三菱重工が準備会社を設立してMHIISの事業を移管後、NTTデータが新会社株式の過半数を取得する方向で具体的な検討を進めてまいります。

MHI情報システムズ株式会社の概要(2017年3月30日現在)
社名: MHI情報システムズ株式会社
本社所在地: 東京都港区港南2-13-34
代表者の役職・氏名: 代表取締役社長 烏田 修之
事業内容: 三菱重工グループ向けITインフラの運用・保守、業務系アプリケーション開発など
従業員数: 883人
資本金: 40百万円(三菱重工100%出資)
設立年月日: 2013年7月1日

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/170330.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。





コメントを残す