トロテック、教育ITソリューションEXPOに出展

Home » 媒体 » ValuePress! » トロテック、教育ITソリューションEXPOに出展
ValuePress! コメントはまだありません



レーザー加工機メーカーのトロテック(本社:欧州オーストリア)は、2017年5月17日(水)~19日(金) 東京ビッグサイトで開催される「第8回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展します。昨年から新設された「学びNEXT~みらいの学びゾーン~」で、2台のトロテック・レーザー加工機をデモします。

教育現場で創造の可能性を広げる、トロテックのレーザー加工機

トロテックのレーザー加工機は、デジタル・ファブリケーションの発展を支える最新のデジタル工作機械として、大学*、高専・工業高校、モノづくり学校や研究センター等、既に様々な教育機関で広く活用されています。

*導入実績は全国55大学。主な学部・学科は建築、デザイン、情報・メディア、理工学、芸術・美術等(2017年3月現在)。

トロテック・レーザー加工機の3大メリットは、自社開発テクノロジーが育んだ「高速・高精度・長寿命」にあります。今年のEDIXでは、そのメリットをコンパクトサイズに集約したモデル「Speedy 100(スピーディ 100)」と機能と使いやすさの点で最も汎用性の高い、当社出荷台数No.1のミドルサイズレーザー「Speedy 300(スピーディ 300)」を展示します。

さらに、レーザー加工機には欠かせないAtmos(アトモス)集塵脱臭装置も連動します。当社のAtmosは加工中に発生する粉塵とガスを吸引し、活性炭フィルターを通して臭いもろ過できます。したがって、安全でクリーンなオペレーションをブース内で実演できます。

昨年のトロテック・ブース

会場では、実際にレーザー加工機を操作して、レーザー加工機の3つの機能 「カット・彫刻・マーキング」のデモを行います。当社マシンによるスピーディな加工、そして高精細で美しい仕上りをぜひ直接ご覧ください。トロテックのレーザー加工機は、新しい学びのツールとして学生たちや子供たちのインスピレーションを刺激し、確実に創造の可能性を広げることでしょう。

※レーザー加工機とは、レーザー光でさまざまな素材に「カット・彫刻・マーキング」の3つの加工ができるデジタル工作機械です。その機能から別名、レーザーカッター、レーザー彫刻機、レーザー刻印機とも呼ばれています。

トロテックの出展概要

第8回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)内 特設「学びNEXT ~みらいの学びゾーン~」

【会期】2017年5月17日(水)~19日(金) 10:00~18:00

【会場】東京ビッグサイト

【ブース番号】14-21(2F 西3・4ホール)

【展示製品】

・レーザー加工機: Trotec Speedy 300、Trotec Speedy 100

・集塵脱臭装置: Trotec Atmos

【入場】 招待券(無料)が必要です。

出展の詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

https://www.troteclaser.com/ja/news/2017-05-edix-tokyo/

トロテック・レーザー・ジャパン株式会社 (トロテックの日本法人)

【本社所在地】〒113-0034 東京都文京区湯島1-12-4 小宮ビル4F

【TEL】03-4578-2782

【FAX】03-5826-8033

【設立】1991年(2006年トロダット・ジャパンから現社名に変更)

【事業内容】レーザー加工機の販売およびサポート&サービス(保守修理)

【資本金】100,600,000円

【URL】https://www.troteclaser.com/ja/





コメントを残す