オーティコン補聴器、先進補聴器OpnがTEPIA先端技術館の新展示に登場!~AI、IoT技術を拡充した展示に、世界初インターネット接続可能なOpnが加わる~

Home » 媒体 » ValuePress! » オーティコン補聴器、先進補聴器OpnがTEPIA先端技術館の新展示に登場!~AI、IoT技術を拡充した展示に、世界初インターネット接続可能なOpnが加わる~
ValuePress! コメントはまだありません



世界をリードする補聴器メーカー、オーティコンは、「TEPIA先端技術館」(東京都港区)の「AI」や「IoT」関連技術を拡充した2017年度新展示に、当社の先進補聴器「Otion Opn(オーティコン オープン)」が選ばれたことを発表いたしました。当技術館の2017年度新展示は2017年3月25日(土)にスタートし、Opnは年度末まで約1年間にわたり展示される予定です。

プレスリリース

2017年3月31日

オーティコン補聴器 http://www.oticon.co.jp/

——————————————————————————–

オーティコン補聴器、

先進補聴器Opnが、TEPIA先端技術館の2017年度新展示に登場

~「AI」や「IoT」の先端技術の展示を拡充しリニューアルした新展示に、

世界初インターネット接続が可能な補聴器Opnが加わる~

——————————————————————————–

110余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡)は、「TEPIA先端技術館」(東京都港区、主催:一般財団法人高度技術社会推進協会)の「AI」や「IoT」関連技術を拡充した2017年度新展示に、当社の先進補聴器「Otion Opn(オーティコン オープン)」(以下、Opn)が選ばれたことを発表いたしました。当技術館の2017年度新展示は2017年3月25日(土)にスタートし、Opnは年度末まで約1年間にわたり展示される予定です。

「TEPIA先端技術館」は、豊かな生活を実現させるさまざまな先端技術を、現代の社会課題とともに、次世代を担う中高生から一般の方へ分かりやすく紹介する新しいかたちの技術館です。定期的に主題を決め展示発表が行われる同館の2017年度の新展示は、「体感しよう!未来を拓く先端技術」がテーマであり、「AI(人工知能)」や「IoT(モノとインターネット)」に関する数々の先端技術について、それぞれの“重要性”や“役割”を、見て・触って・感じながら、特に若者たちの興味や関心を喚起させるような仕組みで構成されています。

この度、AI、IoT関連技術製品として初めて展示されることになった補聴器Opnは、テクノロジーショーケースの「身体の制約を超える」というコーナーのなかで、“身体機能を拡張する技術で、人間の可能性を引き出す”技術製品として展示紹介されています。

Opnは、世界初インターネット接続が可能でIoT(モノとインターネット)を実現する補聴器です。IFTTT(イフト)と呼ばれる様々なオンライン上で展開されるサービスを統合するWEBサービスを通して、補聴器と様々なモノやサービスをつなぐことが可能になり、それによって補聴器ユーザーの生活がより便利になります。一例をあげると、玄関でドアベルが押されると、部屋にいる補聴器ユーザーの補聴器に来訪者がいることを通知したり、あるいは、子供たちの補聴器の電池残量が少なくなると家族や保護者に電池残量低下についてのお知らせメールが届く、といった便利な機能です。

年に約4万人が来場するTEPIA先端技術館ですが、この春休み期間は、特に中・高校生の来場が多くる期間です。大人から学生まで楽しめる展示内容ですので、ぜひ足をお運びいただき、これまでのイメージや常識を覆す先進の世界をご体験ください。

TEPIA先端技術館 
先進補聴器「Oticon Opn」の展示(ガイド付き)

■「TEPIA先端技術館」2017年度新展示サイト

http://www.tepia.jp/exhibition/exhibition2

■TEPIA先端技術館について

TEPIA先端技術館(東京都港区)は、豊かな生活を実現させるさまざまな先端技術を、現代の社会課題とともにわかりやすく展示しています。次世代を担う中高生から一般の方まで、先端技術をインタラクティブに体感できる新しいかたちの技術館です。また、中・高校生のロボット開発を応援するチャレンジ助成事業も行っており、技術・資金助成などのサポートをはじめ、開発したロボットの発表・展示の機会も提供しています。館内の先端技術をより一層楽しむために来館者のニーズに合わせた見学ツアーも行っています(予約制)。詳細は公式ホームページをご覧ください。http://tepia.jp/exhibition

開館時間:  平日/午前10時~午後6時

 土・日・祝日/午前10時~午後5時

住所:   東京都港区北青山2-8-44 TEPIA館1F・2F

休館日: 毎週月曜日 ※月曜日が祝日・振替休日の場合は翌平日

▼Oticon Opn(オーティコン オープン)製品情報

http://www.oticon.co.jp/products

▼オーティコン補聴器取扱い店検索サイト

https://pkg.navitime.co.jp/oticon/

▼オーティコン製品に関する資料請求・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-113321 営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)

◆その他、詳細は当社ホームページ http://www.oticon.co.jp をご覧ください。

※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【オーティコン補聴器について】

補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコンは世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホールディング社の傘下にあります。その日本法人としてオーティコン補聴器は1973年より日本市場における製品の製造・販売を行っています(http://www.oticon.co.jp)。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者とともに開拓してきました。1977年には先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所(デンマーク)を設立、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人以上のテストユーザーと共に将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。





コメントを残す