【星のや京都】現代の夏を休む日「納涼滞在」開始|開催期間:2017年7月1日~8月31日

Home » 媒体 » ValuePress! » 【星のや京都】現代の夏を休む日「納涼滞在」開始|開催期間:2017年7月1日~8月31日
ValuePress! コメントはまだありません



「星のや京都」では、2017年7月1日~8月31日の期間限定で、「現代の夏を休む日『納涼滞在』」と題した夏の過ごし方を提案します。「納涼」という伝統や習慣を、旅館の滞在の1日を通して、国内外のお客様にも体験していただきたいと考えました。今回新たに施設内に納涼床を増設し、夏をより楽しむことのできるイベントを複数用意しました。

星のや京都の「納涼滞在」のポイント

1、奥嵐山の納涼床誕生

2、心地よい眠りのための水辺の夜坐開催

3、納涼舟で楽しむ京スイーツ

1、奥嵐山の納涼床誕生

星のや京都では、夏限定で町の喧騒を離れて、滞在をするお客様だけが涼を楽しめる納涼床を設けます。隣接するライブラリーラウンジから、池の上を渡るようにしつらえられた桟敷には、限定の席が設けられ、池に二つある滝のしぶきを身近に感じることができます。池の前には、BARが設けられ日本酒やオリジナルカクテルが振る舞われ、夜風を感じながら宵を楽しむことができます。 また、池の中央の舞台には三味線の演奏といったライブパフォーマンスが行われ、賑わいます。

<涼しさを演出する灯り>

納涼床を演出する提灯は、京都小嶋商店の作品です。京地張りという全て手作りによる製法は、江戸時代から続く伝統の技に支えられています。明るく照らすばかりではなく、陰影を見せるための工夫は、揺らぐ光に風を感じさせてくれます。

■時間:17:30~22:00

■場所:水の庭

*雨天時はライブラリーラウンジで開催

■予約:不要

■ドリンク料金: 1,500円~(税・サービス料10%別)

■メニュー:日本酒・オリジナルカクテル・ジャパニーズウィスキー各種

2、心地よい眠りのための水辺の夜坐

「水の庭」から路地を進むと「奥の庭」があります。大堰川や嵐山の風景を模した枯山水の庭は、江戸時代から続く植彌加藤造園の庭職人の手によってしつらえられました。照明を落とした庭の中では、ストレッチや呼吸法を重視した瞑想と体操の時間を用意しています。虫の音や風の音、かすかな香の香りを聞きながら過ごすひとときは、感性を研ぎ澄され、暑さを忘れさせてくれます。

■時間: 22:00~22:30

■場所:奥の庭

*雨天時はSalon & Bar蔵で開催

■予約:当日21:00まで

■定員:10名様

■料金:無料

3、納涼舟で楽しむ京スイーツ

日の高くなった午後でも星のや京都専用の屋形舟を繰り出せば、清流と嵐山や小倉山 の青紅葉が、よりいっそう涼しさを演出してくれます。屋形舟では、京都の町が育んだ新旧・和洋の菓子職人が星のや京都のために作ったスイーツを提供します。和菓子が踏襲をしてきた見立てや、洋菓子が追求してきた食感など、涼を感じるための仕掛けを楽しむことができます。また、オリジナルの菓子に合わせた、日本酒やスパークリングワインを用意。清涼感や甘みといった味わいをより深く、また新鮮に味わえます。

■時間:11:00~12:00

■場所:大堰川

■料金:お一人様 14,000円(税・サービス料別)

■催行人数:2~4名様

■予約:7日前まで

■内容:貸切屋形舟・舟上での飲料・お菓子

【ご参考】スケジュール例

<1日目>

15:00 チェックイン

17:00 奥嵐山の納涼床

19:00 五味自在の夕食

22:00 水辺の夜坐

<2日目>

8:00 鱧鍋朝食

11:00 納涼舟で楽しむ 京スイーツ

12:00 チェックアウト

今後の展開

奥嵐山の渓谷に流れる清流は、街の喧騒を忘れさせ、現代に住む私たちの五感に涼しさをもたらしてくれます。「納涼」とは、夏の盛りの暑さを避けるために、涼しさや過ごしやすさを工夫して創り出し、味わうことと言われます。古来、京都の街は、建築や料理、菓子、室礼など、それぞれに創意工夫を凝らし、積極的に暑さを愉しんできました。都市に住む現代人に、京都の文化や自然を通した、暑さに親しむ工夫を今後も継承・提案していきます。

星のや京都

古より王朝貴族の清遊地、京都・嵐山。百人一首で知られる小倉山と嵐山の峡谷に佇む水辺の私邸。五味を自在に表現している日本料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界をお楽しみいただける京都のリゾートです。

〒616-0007 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数 25室

http://hoshinoyakyoto.jp/

星野リゾート

http://www.hoshinoresort.com/





コメントを残す